よちえのぶろぐ:よちろぐ。はじめてみました :)

こんにちは! 「よちろぐ。」では、アメリカ系スタートアップの企業に勤めるフツーのアラサー女子が、 英語にも、カルチャーギャップにも、プレッシャーにもマケズ奮闘する日常と、 ざっくりと好きなこと(英語とかPilates/Yogaとかアロマとか猫とか)を、シェアしていきます♪

さて、簡単な自己紹介☆

2012年4月に遡ります。わたくし、よちえは新卒で勤めていた日本企業を退職し、大好きな英語をもっと快適に話せるようになりたいっと思い一念発起して、春の嵐の過ぎ去ったよく晴れた日に、CanadaはVancouverへ旅立ちました。(Vancouver Adventureのお話は長いので追々・・・)

数年後、紆余曲折を経て泣く泣く日本へ帰国し、ご縁のあった日系の企業で輸入のお仕事をしていました。気さくに話せる同僚、頼りになる先輩、お母さんみたいなお姉さまやcharmingなおじさまにかわいがっていただき、ほんとにありがたい恵まれた環境で働いていました。

でもどうしても、わたしはヨーロピアンになりたかった。

※言葉どおりヨーロッパに移住したいのではありません、念のため。ただの比喩です。

わかりやすく言うと、日本人はみんな頑張りすぎなの。そしてそれを他人にも「当たり前」の文化として強要しがちだと思うんです。一生懸命働くのは素晴らしいことでそれは美徳かもしれないけど、わたしはLife for work「仕事のための人生」ではなく Work for life「人生のための仕事」だとVancouverにいて肌で感じ、そのある程度のゆるさは人生を豊かにするものだと考えています。だからね、ヨーロピアンみたく、働くときは働いて、1か月Vacationをとれるようになりたい。多様な働き方を認める社会であってほしい。日本では無理という意見が多いと思うし、自分でもそう思うけど、でもあきらめたくなかった。

どうしてアラサーになって、居心地のいい職場を辞め、新しい挑戦をするのか。

周りの友達は結婚・出産しママライフをとても幸せそうに送っています。ぼんやりとわたしもここで子育てするのかな~。。それももちろん幸せ。でもそれが本当にわたしが「今」したいことかな?!なんて思っていた矢先、「棚からぼたもち」みたいな引き寄せの出来事があり、急展開でアメリカ系スタートアップの会社(の東京支店)にお世話になる運びとなりました。今月12日(June 12/2017)スタートです!!ヨーロピアンではないけど、わたしはこの会社の、flexibleで人を本当に大切にする文化に感動し、わたしのいうwork for lifeを体現しているところに惹かれました。学生のころ教わった格言「チャンスは誰にでも訪れる。でもチャンスの神様には前髪しかない」を思い出して、挑戦するなら今、ここしかないと、気が付いたら神様の前髪をわしづかみにしていました!大好きな職場と、安定を手放すこわさは半端ないけど周りのひと、前職のみんなも思いっきり応援してくれています。だから、わたしは挑戦できるんだと思う。

Life is an adventure!

と、いうわけで、これからどうなるかわからない、新たなAdventureをここでシェアしていきます。どうぞゆったりとお読みいただけたら嬉しいです☆ 

次はアメリカ研修準備編~!